Attore*Attrice 超個人趣味的俳優データベース
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
ブノワ・マジメル


Benoit Magimel

1974/5/11
フランス/パリ生まれ
12歳で「人生は長く静かな川」のモモ役ででデビュー。

ちなみに、子供の時はこんな感じ

ちょっとふてくされた感じですが、カワイイなと。

子役としてキャリアを積み、
マチュー・カソヴィッツ監督の「憎しみ」
本名と同じブノワという名前の脇役で出演。
「シングル・ガール」でヴィルジニー・ルドワイヤン演じる
主人公のボーイフレンド役(レミ)で出演。
カトリーヌ・ドヌーブ主演の「夜の子供たち」(ジミー・フォンタナ役)出演。
「年下のひと」でアルフレッド・ミュッセを演じ、ジョルジュ・サンド役で共演した
ジュリエット・ビノシュと結婚。26歳でパパに。
何気に年上キラーな様です、実生活でも映画でも。(笑)

「王は踊る」で太陽王ルイ14世として主役を演じる。ダンスも少々披露。
クリクリのロン毛がまた妙に似合ってます。

「銀幕のメモワール」ではジャンヌ・モローと共演。(サム役)

「ピアニスト」でイザベル・ユペール演じる主人公と恋に落ちる青年ワルター役で、
当時最年少としてカンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞。
(現在柳楽優弥くんが更新)
この作品、私は「え?う〜ん......」な内容だったのだけど
ブノワ演じるワルターは美しく、繊細で一途でとてもイイ。

「スズメバチ」でアクションに挑戦。「タクシー」のサミー・ナセリらと共演
主役格のサンティノ役でハードな役もこなす。
最初は弱っちいんだけど、だんだん覚悟を決めて強くなる姿がかっこいい。
この作品は必見。

「クリムゾン・リバー2」では前作のヴァンサン・カッセルに代わり、
ジャン・レノの相棒、レダ役として出演。
ちょっと軽めの役だけど、走りまくったり水に浸かったりと
身体張ってアクションこなしてます

上記に上げたのは日本公開作品のみ。
まだ若いのにキャリアはかなり長いっす。
文芸ものから、アクションまでこなす力があって
賞もいろいろ受賞してるので、ルックスだけでなく演技もバッチリ。

私は「スズメバチ」で気になりだしたので、まだまだ未見の作品がたくさんある。
アメリカの映画に比べて、やっぱりヨーロッパ映画は
日本での公開が少ないので、なかなか劇場で観る機会がないのが残念。
しかも、過去の作品もDVD発売されてなかったり、
絶版になってたりするので、作品を観る事自体苦労しちゃいます。

でも、「クリムゾン・リバー2」で結構注目されてたみたいなので
これからは、公開が増えるかもしれない。
男優:B | permalink | comments(5) | trackbacks(0)
ヨアン・グリフィズ


Ioan Gruffudd

1973/10/6
ウェールズ/カーディフ生まれ

14歳の時にウェールズのソープオペラ(昼ドラのようなもの)
「People of the valley」に出演。
18歳で“Royal Academy of Dramatic”(RADA)に学ぶ。
テレビ出演の後、「オスカーワイルド」に愛人役
「タイタニック」で航海士役として出演。
テレビドラマ「ホーンブロワー」では
主人公のホレイショ・ホーンブロワーを演じ、人気が出る。
このドラマは日本でもNHKで放送され、評判に。
今年に入り、DVDBOXがリリース。
現在BOX1が発売中。
9月にはBOX2リリース予定。
この作品の日本語ファンサイト「順風満帆」さんがとっても詳しいので要チェック!

他テレビドラマ出演多数。

映画出演としては、
「102」(捨て犬センターの所長)
「ブラック・ホーク・ダウン」(癲癇の発作で倒れる兵士)
「ギャザリング」(主人公キャシーと惹かれ合う青年ダン)等で出演。

2004年にジェリー・ブラッカイマー制作の
「キング・アーサー」でランスロット役として出演。
メジャー映画の出演と共に注目を浴びる。

製作中の作品は
「Fantastic Four」というアメコミの映画化に
「ダーク・エンジェル」のジェシカ・アルバ
「シールド」のマイケル・チクリスらと共演。

「The Drop」では親友のマシュー・リスと共演。

いくつか既に観ている作品もあったのだけど、まったく気がつかなかった.....
ハッキリいって、「キング・アーサー」のポスター&予告で気になり
作品を観て、あの目ぢからに釘付けにされた。(笑)
本当に彼のファンとしては新参者。
これから既に観た事のある作品に関しても再チェック必要かと。

ヒゲがある姿にホレたのだけど、
他作品では殆どつるつるなのだな〜。
でもまあ、目にヤられたので(笑)良しとしよう。

綴りが読みづらいけど
彼の出身のウェールズではこういう綴りになるそうで
読みやすく変えるつもりはないそうな。
男優:I | permalink | comments(6) | trackbacks(0)
コリン・ファレル


Colin James Farrell

1976/5/31
アイルランド/ダブリン生まれ
ティム・ロス初監督作品「素肌の涙」で映画デビュー。
主役を演じたのケビン・スペイシーの勧めもあり
「私が愛したギャングスター」で強盗の一人アレック役で出演。
ジョエル・シューマッカー監督の「タイガーランド」で主役に抜擢され
カリスマ性がありながらナイーブな青年ボズを演じてブレイク。
ボストン映画批評家教会賞主演男優賞受賞。

ブルース・ウィリス主演「ジャスティス」(ハート中尉)や、
トム・クルーズ主演「マイノリティ・リポート」(ダニー・ウィットワー)
ベン・アフレック主演「デアデビル」(ブルズアイ)等に出演し
脇役ながら主役を食う程の印象を残す。

「S.W.A.T.」でジム・ストリート役を演じ、ガンアクションもこなす。
再びシューマッカー監督と組み、「フォーン・ブース」
電話ボックスに閉じ込められたまま姿の見えない殺人犯に命を狙われてしまうという、自己中心的な自称バブリシスト・スチュ役を演じる。
「リクルート」では、CIAにリクルートされる
コンピュータの天才ジェームズ・クライトン役を演じ、アル・パチーノと共演。

近作はカメオ出演の「ヴェロニカ・ゲリン」
シューマッカー監督の作品なので、撮影現場に顔を出した際に出演することになったのだとか。

アイルランドが舞台の「Intermission」がこれから控えており、
主役を演じているオリバー・ストーン監督作品「Alexander」も撮影終了、公開を待つばかりとなっている。

他ジェシー・ジェームズを演じた初主演作「アメリカン・アウトロー」

一度女優のアメリア・ワーナーと結婚、その4ヶ月後には離婚。
モデルのキム・ボーダナヴとの間に一男あり。ただし結婚はせず。
ブリトニー・スピアーズや、アンジェリーナ・ジョリー等と噂になりまくり
ゴシップ記事あるところに、コリンありといった感じ。

「マイノリティ・リポート」で気になりだして、
そこからすっかりファンになってしまった。
眉が太いとか、やんちゃとかイロイロ言われてますが、
演技はやはり上手いです、大物食いしまくりです。
悪役を楽しみながら演じたりする部分も好きだけど
ナイーブな演技の中にふと見せる、笑顔がたまらん(笑)
あと、意外と盲点なんだけど、脚が長くて結構キレイなのだ。

まだまだ主演作が大ヒットには至っていないので
これからに期待かな。
男優:C | permalink | comments(15) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SEARCH THIS BLOG